データベースへのアクセスに時間がかかる場合が
ありますので少々お待ちください
  • ミュージカル
  • 死の賛美
  • クリエイター

    脚本・演出:ソン・ジョンワン 作曲・音楽監督:キム・ウニョン ドラマトゥルク:イ・ホンジェ

  • 出演

    チョン・ムンソン、キム・ギョンス、チョン・ドンファ、チュ・ミンジン、エノク、キム・ジョング、ジョンミン、ソン・テジュン、アン・ユジン、ジョンヨン 他

  • 開幕日

    2022.07.27

  • 閉幕日

    2022.10.09

  • 上演状況

    上演終了

  • 会場

    TOMシアター(1館)

  • 出演者数
    • 男性: 2 人
    • 女性: 1 人

Introduction公演紹介

「僕たちは新しい世界に行くんだ。 準備はいいかい?」 【作品概要】 ミュージカル『死の賛美』過去10年の記録! 総公演560回、累積観客数154,549人、共演者34人(2022年7月8日基準) ● 2013 ミュージカル『グルーミーデー』初演 6月5日-6月23日 大学路文化空間ピーリング1館 ● 2014 2月28日-4月27日 DCFデミョン文化工場1館(ビバルディ・パークホール) ● 2015 ミュージカル『死の賛美』タイトル変更 6月6日-9月6日 DCFデミョン文化工場1館(ビバルディ・パークホール) ● 2017 7月29日-10月29日 DCFデミョン文化工場1館(ビバルディ・パークホール) ● 2019 7月6日-10月20日 大学路TOM1館 ● 2022 5月16日-7月24日 大学路TOM1館 ● ネオ・プロダクション初の創作ミュージカル『死の賛美』、10周年記念公演実施! 2013年の初演以来、6回のシーズンにわたって観客を魅了したミュージカル『死の賛美』が、10年を輝かせた俳優たちと共に記念公演を行い、10年間変わらない愛と関心を見せてくれた観客にもう一度熱い感動をお届けします。 「僕たちは新しい世界に行くんだ。 準備はいいかい?」 ● 生と死の境界に立つ者たちの最後の選択!ミステリアスな投身事件、その真実を追跡する息詰まるサスペンス 激動の時代、1926年の韓国と日本を揺るがした最高のスキャンダル! 韓国最初の新劇運動を起こした天才劇作家キム・ウジン 朝鮮初のソプラノ、日本植民地時代の新女性の代表者ユン・シムドク そして身元不明のミステリーな男 ● ピアノ、ヴァイオリン、チェロの弦楽ライブ三重奏、体中を震えさせる魅惑的な音楽を披露! 胸の中に入り込んでくる深い悲しみ、惨めさに満ちた音楽と、ナンバーのいたるところに溶け込んでいるユン・シムドクの最後の歌『死の賛美』が与える強い余韻。 チェロの深い響きとヴァイオリンの鋭さは、人物の感情と触れ合い、観客の心まで響き渡る。 荒れた広野を駆ける人生よ、お前の行くところはどこなのか 寂しい世界、険悪な苦海に、お前は何を探そうとするのか 涙となったこの世の中、私が死ねばそれまでだろうか 幸福を探す人生よ、お前の探すものは虚無 笑うあの花と泣くあの鳥たち、その運命はみな同じ (ユン・シムドク『死の讃美』) 【あらすじ】 1926年8月4日早朝4時。関釜(下関ー釜山)連絡船、徳寿丸。 一組の男女が海へ身を投じた。 真っ暗な暗闇。静かな海。 関釜連絡船が午前4時、対馬付近を過ぎる頃にキム・ウジンとユン・シムドクが玄界灘に身を投げた。 2人の死を目撃した人はおらず、遺体もまた見つからなかった。 2人を巡る憶測やうわさは尾ひれがついてあちこちに伝わる。 船にはキム・ウジンとユン・シムドクのほか、身元の知れない1人の男が乗っていた。 時代に抗い、芸術魂を燃やそうとしていた芸術家たちの前に現れたミステリアスなその男。 果たして彼は、2人の身投げとどう関係しているのか? 最も悲劇的でも、最も美しくもある結末に向けて突き進む3人の男女。 時代と世の中を超越した生と死の対立!

Movie作品関連動画

Contactこの公演に関するお問合せ

    氏名必須

    所属(団体または法人名)

    メールアドレス必須

    メッセージ本文必須

    プライバシーポリシー(個人情報の取り扱いについて)

    利用目的

    当社(店舗及び運営会社を含み以下「当社」といいます。)は、問い合わせ者様への連絡・通知を行うために個人情報を取得し、適切に利用します。

    管理方針

    ご入力いただきました個人情報は、個人のプライバシーの保護に十分注意し、個人情報の保護に関する法律および管轄省庁のガイドラインの趣旨に従い、善良な管理者の注意義務を持って適切に取り扱うものとし、不正アクセス、不正利用などの防止に努めます。

    提供

    個人情報を本人の同意なしに第三者に提供しません。ただし、以下の場合は、個人情報を本人の同意なく提供することがあります。

    • 法令に基づく場合

    • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

    • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

    • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

    業務委託

    当社は、業務を円滑に進める為、業務の一部又は全てを業務委託し、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供する事があります。この場合、委託先との間で個人情報の取扱いに関する契約を締結すると共に、適切な監督を行い個人情報の保護に努めます。

    開示請求

    当社では、ご本人から自己の情報について開示、訂正又は利用停止を求められた場合には、合理的な期間内に遅滞なくご請求に対応いたします。なおまた、開示の際には手数料を頂く事があります。詳しくは、ご請求の際にご説明させていただきます。

    個人情報に関する問い合わせ先

    当社ホームページ掲載の問合せフォームよりお問い合わせください。

    プライバシーポリシーに同意して送信する