データベースへのアクセスに時間がかかる場合が
ありますので少々お待ちください
  • ミュージカル
  • 千個の青〜サウザンド・ブルー
  • 原作

    チョン・ソンラン

  • クリエイター

    脚本・作詞:キム・ハンソル / 作曲:パク・チョンフィ / 編曲:Greg Jarrett / 演出:キム・テヒョン

  • 出演

    ユン・テホ、ソ・ヨンジョン、ソン・ムンソン、キム・ゴンへ、チェ・インヒョン、パク・ジェウン、イ・ドンギュ 他

  • 開幕日

    2024.05.12

  • 閉幕日

    2024.05.26

  • 上演状況

    上演中

  • 会場

    芸術の殿堂 CJトウォル劇場

  • 出演者数
    • 男性: 5 人
    • 女性: 5 人

Introduction公演紹介

韓国科学文学賞長編大賞受賞作『千の青』 ■「何も排除せずに一緒に進む方法を見せてくれる暖かくて煌びやかな小説に出会った。 ありがたくてたまらない」(チェ・ジンヨン、小説家) ■「壊れて怪我をした小さな存在たちの粘り強い連帯の向こうにしか見られないきめ細かな喜びが青々と輝く」(ミン・ギュドン、映画監督) 【作品概要】 ■「煌びやか」という言葉から始まって「美しい」で終わる、 千個の単語で構成された私の世界、新しい世界。 ■最高の創作陣とソウル芸術団だけが伝えることのできる舞台という温かい癒し。 韓国舞台界を代表するキム・ハンソル作家、パク・チョンフィ作曲家、キム・テヒョン演出家などが参加した2024年最高の期待作『千の青〜サウザンド・ブルー』。 舞台という時空間的な制約を超えて美しく繰り広げられるこの作品は、進歩する技術の中で薄れていく存在を見つめ、労いと温かさを伝えるドラマだ。 ソウル芸術団ならではの色をつけ、原作以上の感動を伝える。 ■「私たちは皆ゆっくり走る練習をする必要がある」 ・下半身が壊れたまま廃棄される日を待つだけのヒューマノイド騎手「コリー」 ・途方もない未来の前で彷徨う「ヨンジェ」 ・障害を持ったまま生きていく少女「ウンヘ」 ・相方を失って止まってしまった時間の中で果てしない哀悼を繰り返す「ボギョン」 最も低い可能性から最も高い希望を持つ人々の物語 【あらすじ】 2035年、韓国での競馬のために「騎手ヒューマノイド」が工場で作られる。 中でもC-27は研究員のミスで開発中の学習用ヒューマノイドチップを持つようになり、千個の単語が分かるようになる。 自分と呼吸を合わせる馬「トゥデイ」が、ある瞬間から走る事に喜びを感じていないことに気付いたC-27は、トゥデイを止めるために自ら落馬する事を選択する。 そうして下半身が壊れたまま廃棄処分を待つだけのC-27の前にある人物が現れる。 3パーセントの生存確率しかない火災現場から生き残った過去があるボギョンは、300%の責任感で二人の娘のヨンジェとウンヘを育てている。 ウンヘは毎日馬小屋に車椅子で訪れ安楽死を待つトゥデイを眺める。 ヨンジェは廃棄処分を待ちながら空を眺めるC-27に好奇心を抱く。 やがて全財産をはたいてC-27を購入し、彼を「コリー」と名付ける。 静かだった3人の母娘の人生に入ってきた「コリー」は彼女たちに穏やかな波となっていくのだが…。

Movie作品関連動画

Contactこの公演に関するお問合せ

    氏名必須

    所属(団体または法人名)

    メールアドレス必須

    メッセージ本文必須

    プライバシーポリシー(個人情報の取り扱いについて)

    利用目的

    当社(店舗及び運営会社を含み以下「当社」といいます。)は、問い合わせ者様への連絡・通知を行うために個人情報を取得し、適切に利用します。

    管理方針

    ご入力いただきました個人情報は、個人のプライバシーの保護に十分注意し、個人情報の保護に関する法律および管轄省庁のガイドラインの趣旨に従い、善良な管理者の注意義務を持って適切に取り扱うものとし、不正アクセス、不正利用などの防止に努めます。

    提供

    個人情報を本人の同意なしに第三者に提供しません。ただし、以下の場合は、個人情報を本人の同意なく提供することがあります。

    • 法令に基づく場合

    • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

    • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

    • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

    業務委託

    当社は、業務を円滑に進める為、業務の一部又は全てを業務委託し、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供する事があります。この場合、委託先との間で個人情報の取扱いに関する契約を締結すると共に、適切な監督を行い個人情報の保護に努めます。

    開示請求

    当社では、ご本人から自己の情報について開示、訂正又は利用停止を求められた場合には、合理的な期間内に遅滞なくご請求に対応いたします。なおまた、開示の際には手数料を頂く事があります。詳しくは、ご請求の際にご説明させていただきます。

    個人情報に関する問い合わせ先

    当社ホームページ掲載の問合せフォームよりお問い合わせください。

    プライバシーポリシーに同意して送信する